2017-05

描いてます

先月末のおっちゃんの手術から、ほぼ一カ月が経ちました
術後の検診も問題なくクリア、切除した細胞はやっぱり悪いものでした
でも、ステージ1で綺麗に取りきれたとの事で家族で一安心です


3月からほぼ二ヵ月、絵付けは全く筆を握ることが出来ずにいました
先週から、絵筆を握る時間が出来てきたので、季節の物を描いています
DSCN5188.jpg
藤の飾り皿(29cm) 中央の藤の花部分にはコラレン風のビーズ技法で
今日は金彩をして、未だ焼成前なのでチョコレート色
葉の金彩には、焼成後オンゴールで描く予定


DSCN5182.jpg
前回描いたペアマグカップ、こんな風に色違いにしてみました
手描きなので揃えて描いていても若干濃淡が変わり、地色が異なるとイメージも変化する


page1_20170428212353995.jpg
抹茶茶碗2客、それぞれに金彩を施して、、、それにしても井戸部分の金彩は神経を使う


お・ま・け、、、は、みいタンの作品
cats_20170428212349c52.jpg
向こうのお婆ちゃんへのプレゼント、今回はシールと手描きとのコラボ
孫が描くときは水性のオイルで描かせている
やっぱり女子!ハートを一杯描いて♪ お婆ちゃんのお名前も描いて♪
とっても可愛く出来上がりました~

お目出度ラッシュ♪

前回、新婚家庭へのプレゼント用のポットとマグのセット
こんな風にラッピングをしてみました ラタンの籠は後でも使ってもらえるから良いですよね
DSCN5164.jpg


やっぱり春は良いですねぇ~♪ もう一組のお祝いはイチゴのペアカップ
一回目の焼成が終わったところ、後ろにはイニシャルが入っています
後はバックの色を変えて手を加えていきます 若草色と桜色が良いかなぁ
DSCN5174.jpg


此方は、以前金魚の抹茶茶碗を描かせて頂いたご縁で、別の方からオーダーを頂きました
page_20170420162848c94.jpg


形も生地の色も違っているので、2タイプ描いてどちらかを選んで戴こうと思います
今回は井戸部分に、可愛いい和金の子供が水草にかくれんぼ、ちょっと可愛いでしょう♪
未だこれから色を乗せ、金彩を施す予定ですよ

恒例のタケノコ作業

作業なんていうと裏山にタケノコ掘りの作業と思いますねぇ( *´艸`)
土・日とノンビリしたいと思いつつ、注文していた岐阜のタケノコが届いた
毎年の瓶詰作業の始まり~我が家に有るだけの大鍋を総動員しての作業


タケノコは湯がいて煮汁の中で冷まします
適宜にカットして、煮沸消毒した瓶に詰め、口一杯まで水を入れ蓋をし一度振ります
DSCN5166.jpg

タケノコの隙間に空気が入ってたりするので抜くためですね
再度蓋を開け水を足しシッカリと蓋を閉めて鍋の水の中に沈めます
DSCN5167.jpg


DSCN5168.jpg

沸騰して弱火で1時間、後は沈めたままで冷まし完成 常温で1年保存可能!


去年は4月14日に福岡産のタケノコから始まり、4月22日の静岡産のタケノコで計22瓶詰めました
今年は、朝の散歩で近所の農家の掘りたてタケノコを7Kgゲットしたので、多分これで終了かな
多分、、、22瓶位に成りそうね
明日からは、絵付けに専念できそうだわ~♪

色んな事が・・・

やっと戻ってきました~♪ 3月は色々な事が有りました~~~
3月末に、おっちゃんの手術、術後の自宅療養となかなかハードな日々でした


久々に朝夕の海との散歩も復活、坂に囲まれた我が家周辺は足腰に負担がかかって大変~
それだけ体が鈍っていた証拠( *´艸`)
昨日は、上海へ帰国する次女Mとkazを空港まで送り届け、日本に出張で来ていた婿殿と合流、私は海のお散歩が有るのでその場でお別れ


数日前まで寒い日が続いたおかげで桜も散らず、散歩でも花見を楽しめました
冬の間、殺風景だったバラの木、今は艶艶の葉を茂らして新緑の風景
DSCN5156.jpg
ラティスの下半分にはラ・レーヌ・ビクトリア、蕾が50個程~♪
上半分のマダム・アルフレッド・キャリエールは少し遅れて芽が伸び始めた

DSCN5155.jpg
蔓のショッキングブルーとアンジェラ、この数日の暖かさでバラゾウムシが活動
アーチの上の新芽は中々管理が出来ず、、、薬剤散布まで悔しいけれど放置状態

DSCN5158.jpg
玄関前の階段の脇は一等地、既にパチンコ玉位の蕾も

            DSCN5154.jpg
花首が長く以前の場所は少し困るので昨年から戸袋の上に誘引
ここだと茂って花を付けても邪魔に成らずに済むね

DSCN5153.jpg
庭側のバラ達も元気一杯に葉を茂らせて、この時期の若葉を見ているとウキウキ~


さあ、又絵筆を握れる時間が出来たので、少しずつ描き進めなきゃ~

飾り皿 2点

明日の午後には上海から次女MとKazが春休みで帰国
翌日は、みいタンのピアノ発表会で小一時間の移動
と、色々と行事が目白押しなので、4月中旬頃まで絵筆が持てぬ様で、、、

DSCN5133.jpg
藤の飾り皿、29cm程のディナープレート
ポーラコリンズの本から少しアレンジして、藤の季節に間に合えば良いけれど


此方はオーダー戴いているワンコの絵、トイプーのベニーちゃん
少し深さの有る角皿、青く見えている所はパールを描く予定
パールの外側にはレース技法で描こうかな
DSCN5132.jpg


何方も一回目の絵付け(未焼成)だからボンヤリとしています 
少しでも描いておくと何時でも焼けるから少しお休みしていても気持ちが楽~( *´艸`)

3種類の茶碗を焼いてみる

昨年に描いて色々と問題が起こった抹茶茶碗
京焼は貫入に恐ろしいぐらい染み込み運筆が非常に困難、焼き上がりも釉薬と赤の相性悪し


今回は、前回理想的な赤の発色をした小田陶器の白磁、美濃焼の青白釉の磁器、そして粉引の磁器?
どれがどの様に焼き上がるか、経験を積むしかない
page2_20170320103128cda.jpg
ちょっと、ゆるふわ~の小田陶器の白磁、夏茶碗の平茶碗のイメージ、勿論問題なし


此方は美濃焼の青白釉の磁器、青白釉は少し青磁っぽい色合いだけど白に近い
page1_20170320103127ae4.jpg
こちらも思いの外、赤の発色が良い


同じく美濃焼の粉引、磁器と有ったけれど、どう見ても陶器っぽい
以前宝尽くしを描いた茶碗も粉引と有ったが無事に発色して問題なく仕上がった
page_201703201031254b8.jpg
ぎょぇ~~~撃沈!!! まるで金魚が黒カビの胞子に包まれたようになってる、何故~


という事で、後は無事な2種類を描き進めていきま~す

若葉って良いね♪

寒い冬の土替え作業を終えたバラ達は枝も無く葉も無く寒々しい姿
でも、、、季節が来ると瑞々しい若葉を展開 自然のエネルギーって凄い! 
IMGP8937.jpg
去年から我が家の一等地に移動したラ・レーヌ・ビクトリアも早々と葉を展開


アーチのアンジェラ、ゴールドバニー、ショッキングブルーも艶艶の新芽
IMGP8948.jpg


数日しか違わない剪定日、早咲きの子達は立派な葉を茂らせてきた
cats_2017031910260740e.jpg

これからの毎朝が楽しみな院長回診

焼き立てホヤホヤ~💛

新婚ホヤホヤ~のお二人さんへ、焼き立てホヤホヤ~のポットとマグカップセット
DSCN5101.jpg
期限が有る作品の為、連日窯をフル稼働 
絵付けだけでなく、不思議と仕事は重なってくるものです
以前ワンコの首輪を作っている時も、全く無い日が長く続いても急に数件のオーダーが入って来たり


さっ!後は籐のバスケットに入れて包装してお届けしなくっちゃ~

風景画

光の画家、トーマスキンケイド、ディズニーの公認画家で有名な方
残念ながら5年前に亡くなられました 詳しく知りたい方はこちら→まとめNAVER
思春期の頃大好きだった「わんわん物語」、あのバックの風景も描かれて居たようです
絵付けを始めてトーマスキンケイドを知り、そして私の大好きな作品の中にも登場していたなんて驚きです

DSCN5096.jpg

先程、無事に焼き上がりました~
最近コンデジが何だか変なんですぅ、妙に青く写ったりダイヤル表示が勝手に迷走したり

DSCN5097.jpg

ビーズ部分もトラブル無く良かった~♪

私が玄関先で写していたら、散歩から帰って来たのでパチリ♪
IMGP8934.jpg
そんなところで何やってんの? って顔してるね

あれから6年

2011年3月11日 14:46
生まれて初めて経験した大地震
今日もあの日の恐怖とともに冥福を祈る日が来た

昨夜から、みいタン親子がお泊り。HONEY一日勤務で朝からお出掛け
TVでは朝から復興して来た各地のニュースが流れるが、恐怖の高波の映像も流れる
みいタンは未だ2歳前の事だから記憶にないでしょう

14:46 同時刻に北東の方向に向き、ジイジと私とみいタン三人で黙祷
地震、津波、原発と、三重苦の方達が本当にお気の毒というほか有りません
被災された方々のご冥福を心よりお祈りしたいと思います

コラレン風技法の試し焼き

ビーディングを既存の絵付けに乗せてみる方法 & 剥がれたものの補修目的
昨日に焼成したコラレン風技法の試し焼きが焼き上がった
DSCN5081.jpg

これは以前、K先生の講習会で受講した作品
今描いている風景画と同じメーカーの白磁、建物部分の実物大は3cm程


DSCN5084.jpg

こちらは一般的な美濃焼の白磁
以前にネームを貼り忘れ、ビーズを焼いた後に、再度10度ほど温度を下げて焼いた時、全て瘡蓋の様にビーズが剝がれてしまった物で、今回は試しに、その上に再度ビーズを張り付けてみた


どちらもシッカリ定着してくれたのでホッと一安心

風景画とポット

この三日間、遅れを取り戻すべく窯を連日稼働
今朝焼き上がりのホッカホカ~
山ブドウの蔓の様な金彩は、こんな風に成りました♪
DSCN5072-vert.jpg
こげ茶色の時は少し煩いかなぁと思ったりもしたけれど、やっぱり金に仕上がると良いのかもと♪
<図案はウヴェ・ガイズラー氏のフルーツの本を参照>


風景画の方は、一部の木の枝の雪や氷柱部分をエナメル盛り
DSCN5078.jpg
<光の画家、トーマス・キンケイドの画集から模写>
この後は最大の難所、ガラスビーズを使って仕上げです


んが!以前最後の仕上げの時にビーズがカッポリと剥がれたことも有り、今回は硬質磁器とボーンチャイナとの焼成実験をすべく試し焼きのお皿を焼成中
明日には結果が出て、焼成トラブルが起こらないかの確認が出来そうです
白磁の釉薬との関係、張り付ける媒材と溶剤の関係、未だ未だ解らない事知らない事が多い絵付けの世界
日々精進ですぅ

新婚さ~ん💛

ホンワカとした色と、ちょっぴりラブリーな柄のポットのセット
DSCN4921.jpg
って? これじゃあ何が何だか、、、ですね♪

DSCN4922.jpg
裂きスルメでは無いですよ~( *´艸`) 
マスキングを外すとテープの山~

DSCN4924.jpg
外すと塗り分けた部分がハッキリと表れて、ちょっと手間だけど綺麗に見える


1回目の焼成が終わったホヤホヤ~ 
???ベージュの天板の上だと何だか白が黄色く写っちゃうね
DSCN5018.jpg

裏にはイニシャルを入れてcats1_20170307221137ce2.jpg

若い二人の新家庭で、楽しいティータイムに華を添えてくれるかしら♪
これから又色を乗せて、手を加えていきます

やっぱり艶黒!

久々に艶黒を使いたくなって
DSCN5024_20170306150933d2b.jpg


やっぱりいい艶~ いい仕事をしてくれますぅ
そういえば、以前お重を描いた時に「これは漆ですか?」って聞かれたことも有った
DSCN5026_201703061509355e2.jpg


珍しく蝶々~♪
小田陶器の蓋物、プックリとした蓋物
と~っても気に入った蓋物、直径10cm程かしら
何を入れようかな? キャンディ? それとも大切な物?

初物

食材の買い物は殆ど週に1回、おっちゃんの車で一緒に買い出し
何時も行くスーパーで鹿児島産のエンドウ豆を発見
早速今夜の食卓へ

DSCN5056.jpg
と~っても美味しゅうございました! ご馳走様

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最近のコメント

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

boss2008

Author:boss2008
念願だったワンコとの生活、気がつけば2頭になっていた^m^
なんでもない日々の暮らしや趣味のチャイナペインティング、大好きな薔薇の記録や食い物ネタなどをブツブツと一人で呟いてみようかなぁ、、、、、と。

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード