2017-08

眼福

絵付け友からのお誘いで二子玉川へ
この地に足を踏み入れるのは初めて
通称二子玉(にこたま)、東急東横線の自由が丘で東急大井町線へ乗り換え
噂とおりオサレな町~ 全体に新しく都市計画でできた所なのか、駅前から全てゆったりと街が作られている感じ


そう今日の目的は、駅から数分の所にあるアンティークショップ
誘ってくれた絵付け友が懇意にしているショップ
期間限定で「グリューワインとシュトーレン」をご馳走してくださるのだとか
m 044
店内のお宝の山を一通り拝見して早速ご馳走になることに
ナッツや三種類のチーズも一緒に頂戴して、う~ん幸せ~
沢山のマイセンやセーブルのアンティークに囲まれて頂くなんて至福の極み、おまけに器もマイセン


写真を自由に撮っても良いですよと、、、なんと太っ腹
マイセンの19世紀後半の自然主義のプレート、本当に素晴らしすぎるぅ
こんなお宝をマジマジと拝見出来る事はそうそう無い事
気の良いご店主は、大切な大皿も気軽に手に持ちカメラ撮影にも積極的に見せて下さって
なんの作品も購入しなくって、本当に申し訳ないですぅ


マイセンのポートレートのカップ、本当に透明感一杯で美しいこと!!
m 022c
人物が描かれているスペースは5cm四方位、その中にこれだけ描き込めるのだから凄すぎ~
本当にため息ため息の連続、勿論一客数十万はするんでしょう(お値段見れません)
そして今更ながらマイセンの金彩の細かい事


少しでも本物に近づける様に、、、、、又頑張らなくっちゃあ~
やっぱりマイセン最高~
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

アンティーク

のポートレートをみる度に、本当昔の人はすごいなぁと思います。

今ほどいろいろ道具があるわけでもなく、写真だってないし、下絵を写真からコピーとかできないですし。。。

しかも今より長生きしてないから、現役時代は短いですよね。
その間にこれだけ素晴らしい絵をたくさん描くのですから。。。

アトリエ・シェーネ 様

本当にアンティークのポートレートを見ると、自分は未だ手を出してはいけない分野なんだ、、、なんて思っちゃいます。

今は便利なアイテムが沢山存在しますが、昔の方の観察眼は凄いものが有りますねぇv-391


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最近のコメント

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

boss2008

Author:boss2008
念願だったワンコとの生活、気がつけば2頭になっていた^m^
なんでもない日々の暮らしや趣味のチャイナペインティング、大好きな薔薇の記録や食い物ネタなどをブツブツと一人で呟いてみようかなぁ、、、、、と。

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード