2017-08

キノコのこのこ♪

今日はヨーロピアンのお稽古日
土曜日に行ったのは久しぶり、お教室仲間のTさんとご一緒~♪
思わず2,3年振りかしら~? と


今回は15cm位の蓋物 図案は木の子ちゃん
一回目の焼成後はこんな感じ
s-kinoko 003
2回目の今日は、夫々に影やアクセントを付けて
s-kinoko 010
う~ん木の子の笠の滑らかさが上手く描けないっ
絵の具が乾いてからも色を乗せるんだけど、やっぱり筆の迷いが出ると乾いた絵の具を緩めてしまい撚れてグズグズに成る
今までの筆が描き易くそればかりを使っている内に痩せて来て6号が2号位の細さに、、、
でも他に何本も有っても、やっぱり描き易い筆を使ってしまう
新しい筆を何時までも使わずに居ると何時まで経っても馴染んで来ない


こういう手作りの道具には当たり外れが有るようで、特に筆はそれが大きい様に思う
一本一本購入時に目を皿の様にして選べば別だろうが、購入は殆どネットかファックスのよる事が多い
まあ何時までも手に馴染んだ筆を使って居ると、その内に毛が一本も無くなってしまいそうなので、新しい筆もつかってあげなくっちゃあね

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

水彩の府でもピンキリがあり、一般的に高価な筆は塗りやすいところがあります。しかし、高ければよいかというと、一律にソウではないところもあります。自分との相性というのも関係がありそうです。筆を上げた時の色の残り方、そこに筆の向き不向きがでるように思います。

そよ風君 様

筆もピンキリですからねぇv-390
絵付けの筆は主にコリンスキーで羽管筆を使います。
2,000円前後ですからハズレは痛い訳ですぅe-263
良い筆は絵の具の含みが良く、筆跡が付きにくく、細いラインが描けるほど毛先が纏まっている! とまあ・・・こんなのが最高なんですがv-410

No title

ヨーロピアンで、キノコちゃんを描くのは、難しいですよね。
でもすごく、可愛いキノコちゃんになってますよ。
笠の柔らかさ出てます。
さすが、bossさん!!

私はキノコはまだ描いたことないですが、こんなにうまく描けないです(T_T)
いつかは描いてみたいので、一度練習してみます。

ムーミンママ 様

フルーツや木の子は本当に難しいですねv-393
今回はたたき筆を使わず、筆を広げて平筆の様に使って描いています。

この木の子、昔青森や北海道で採った「いぐち」や「落葉」と呼ばれている木の子にそっくりです。
傘の滑らかさと云い、傘の裏のスポンジの様な状態と云い
茹でるとペロンとなって、とっても美味しい木の子だったんですよv-398


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最近のコメント

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

boss2008

Author:boss2008
念願だったワンコとの生活、気がつけば2頭になっていた^m^
なんでもない日々の暮らしや趣味のチャイナペインティング、大好きな薔薇の記録や食い物ネタなどをブツブツと一人で呟いてみようかなぁ、、、、、と。

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード