2017-10

ミュンヘンまでICで移動

あまり時差ボケも無く目覚めたフランクフルトの朝。
8時前にならないと未だ外は薄暗い。きっと外はマイナスの世界。
といっても体感温度は札幌の方が寒いかもと、、、、、

私は自由旅行をする時は、大抵予定表を作成する。
時間的な感覚が掴めるし、現地のツアーを申し込む時の時間的に可能かどうかの参考になる。
今回もザッと解かる範囲で移動やホテルが決まっているものを記入し各自1部づつ持った。

予定表

ホテルの朝食はバイキング式、パン好きな私にはドイツは最高
10種類近くのパンがカゴに入っていて、レーズンの黒パン(食パンのような)は少しパサパサしているが、その他のパンはどれを食べても美味しく、ついつい食べてしまう
バイキング1 てんこ盛り

今日はドイツ鉄道のIC623(2等)に乗ってミュンヘンまで3時間10分の電車移動。
フランクフルト駅

乗車券は「RAIL EUROPE]のサイトで購入。3,000円程度手数料が掛かるが、ちゃんと自宅まで配送してくれるし、解からないと日本語で問い合わせることが出来るので楽チン。
ICのキップ
本当は全て鉄道で移動したかったのだけど、ミュンヘン~ドレスデン~ベルリンまでの二等車は全て売り切れ、売れ残っているのは1等車のコンパートメントタイプの切符のみ、因みにミュンヘン~ドレスデンまでは確か一人3万円近くしたような記憶がある。

仕方が無いので、その他の移動は全てルフトハンザ航空を日本で予約した。
同じ路線内でも便によっては半額近く差がある。勿論安い便を選択して飛ぶことにした。
お陰で1時間位のフライトなのでタップリと夫々の地で観光の時間が取れたのはグッド

平日だから大丈夫だろうと高をくくっていた電車は略満席状態。
日本で予約購入していて正解でした。それも大荷物のツーリストの多いこと多いこと。
乗り込むのにまごまごしていたら、大きな荷物置き場は既に満杯状態
仕方なく座席横に置く事に、、、、、可也迷惑だろうなと
でも他のツーリストも置いているようだし、通り抜ける人達も嫌な顔一つしないので本当に良かった。
かっちょいい車掌さん
切符の確認に来た車掌さんのカッチョ良いこと思わず手がぶれた

ミュンヘンのホテルは「ドライレーベンホテル
此処も駅から徒歩数分で足回りの良いホテル。
そう新しくも無いですが、こざっぱりとした清潔なお部屋でした
朝食付きで一人6,000円程、これは中々良いホテルですよ
ホテル部屋

さっ今夜もミュンヘンのクリスマス・マーケットに繰り出すぞ~~~
お約束のグリューワイン(お店により若干味の違いがある)を飲み店を覗いて歩く。
新市庁舎
新市庁舎はルートヴッヒ1世が建てたネオゴシック様式の教会。
フランクフルトとは又違った風景で、見上げていると首が疲れる程の高さ
今夜はビアハウスの「アウグスティナー」で夕食。
此処は長いテーブルで相席状態。ドイツのおっちゃんが私達と相席。どちらも片言の英語でジェスチャー交えての会話。はぁ~~~ビールを飲みながら一汗をかきました
特におっちゃんと隣り合わせになった次女のM,食べる暇も無い位でした
でも袖擦れ合うも多少の縁と、楽しく過ごしましたよ

此方の肉料理に付いてくるポテト、日本で言うイモ餅のようなもの、子供のこぶし位の大きさのものが2個も付いてくる、それだけでお腹が一杯になりそう。
流石にビールは美味しくって、500mlを2杯飲んじゃいました>こんなに飲んでて良いのか私

翌日は朝からノイシュバンシュタイン城見学の一日バスツアー
これも日本からネットで予約。駅前出発だからホテルが近くってラッキー。
バスは2台、ドイツ語オンリー車と英語オンリー車。日本人にはイヤホンを貸してくれる。
バスの座席に差込口が有り、日本語の解説を聞きながら約2時間のドライブ
アウトバーンから出て、リンダーホフ城に向かう頃には雪景色
アウトバーン 雪のリンダーホフ城
リンダーホフ城 リンダーホフ城2
お城の前庭は雪に埋まっていました。雪が無ければ庭からお城の正面の全容が写せるのですが残念。
女性的なエレガントなお城、城門のアイアンも素敵な装飾が施されている。
何処もかしこも贅沢な作り、残念ながら内部の撮影は禁止。
場内見学は英語ガイド、その他の国の観光者には説明書がエントランスに準備されています。
そのガイドを読みながら、英語ガイドを聞きながら、、、、、はぁ~~~ゴッチャゴチャ

その後オーバーアマガウ(童話のフレスコ画が家の壁面に描かれている地域)で下車、ショップを覗きHONEYへのお土産にオーナメントを購入。

いよいよノイシュバンシュタイン城に着きましたよ
このお城はディズニーのシンデレラ城のモデルになったとか、、、、、
城へ登っていく道は雪が積もりちょっと滑りそう、馬車で登る予定だったが昼食を取って馬車の停車場に行ってみたら、人・人・人(運悪く日本の団体一向がごっちゃりと)これじゃあ城内見学の時間に間に合いそうにも無いので、徒歩で坂道を登ることにトホホ
右手にホーエンシュバンガウ城を見ながらゾロゾロと登ってみると20分ちょっと、な~んだ案内書には40分と書かれていたが、、、、
お城は高い部分も有るので全容が写せない。良くある絵葉書のようなロケーションからは写せないし、周りは雪だらけ。

雪のノイシュバンシュタイン城も又風情がある。
ノイシュバンシュタイン城
此方はお城の入口と入場の順番を待つ中庭
正面玄関 中庭
ノイシュバンシュタイン城の入場券
中庭の電光掲示板に入場できる番号(チケットの右の数字)が表示される。
日本語のガイドテープを聴きながらの見学。

帰りは念願の馬車に乗り坂を下った
馬車
馬車の切符おじちゃんにお金を渡すとこの切符をくれる。
道にはお馬さんの忘れ物が一杯
 
夕方4時半にはもうすっかり辺りは暗く、帰りの道中は雪の中の家の明かりが幻想的でした。
ホテルに着いたのは夜の7時、ホテルに帰っても又食事に出掛ける事になるので、ミュンヘン駅の中のフードコートで食べる事に。
私はミュンヘン名物の白ソーセージを戴きました。勿論ビール付き
ミュンヘン駅構内のフードコートは可也充実しています。
小さいながらもスーパーも有りますよ。さしずめ今日本でも流行の駅中と一緒ですね。
それ以上かも知れません。

ミュンヘンも二日目の夜になっちゃいました。
明日はニュルンベルクに移動してドイツ最大のクリスマス・マーケットを見学に行きますよ











スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

bossさんが予定表を作られたの?
色んな手配もされたのね。すごい!
ほんま、しっかりしてるお母さんだこと!
尊敬です。

白鳥城にも行かれたのね。
きれいなお城ですよねえ。
帰りだけ、馬車に乗ったのも一緒だわん。

アルコールが飲めて、きっと私の何倍も楽しめた事でしょうね。

bossさんと言うお名前に今頃納得です!

来年、連れてって下さいませ。

VIVI様
予定表は簡単ですもんv-356
後は娘と半々で手配です。娘が長期休みが取れたので、一緒にパソコンの前で計画を練りながら予約していました。
今はグーグルマップも有るし、大体の所在がつかめるのでホテル予約にも大助かりですv-221
何時もそうなんですが、他の方のブログを一杯読ませていただいて参考にさせて頂いてます。
VIVIさんの英語力なら、もっとスムーズに旅行できますよ、今回も英語力不足に反省仕切りです。
飲むので確かにその分人生を楽しめるかもしれませんねv-407
来年のマイセンオープンデイにご一緒しましょうか?爆。
我が夫は何時も後ろに付いてくるだけです。せめてビールの銘柄だけでも飲みたい物を調べるように云った有ったのに、それも覚えずで娘が可也切れておりました^m^
二度とお父さんとは旅行したくないと、、、、、ちょっと可哀想で困りものの夫でしたv-395
彼は横文字アレルギーなもので、、、、、涙。

  お城 あまりに綺麗で 札幌の雪祭りか!と 思ったほどでした。(笑って~~~。)
 ホテル ヨーロッパは随分高いと思い込んでいたので びっくり!!!
 お馬ちゃんの置き土産いっぱいは アメリカの観光地でもよくありましたよ~。
 子供達と一緒だと ハラハラものでした。
わが町のテーマパークの馬車は ちゃんと受ける留めるところがあるので 道が綺麗なんですよねぇ。
って 教えてあげたいと なぜか へんなところで 故郷を思い出していたのでした。

 予定表 ツワー旅行されたのかと 見間違うほどでした。
すばらしい~~~~。

 

お帰りなさい♪
ドイツ楽しかったようですねっ♪
海外に個人で行くなんて尊敬してしまいます
しかも予定表までしっかりと作って♪(^0^)
私だったら絶対ツァーですねっ(汗
勇気がない(汗
クリスマスの町並みもお城も奇麗~♪
絶対行くど~~~~~^m^♪

だいやもんどだすと 様
予定表はエクセルでちょいと作るだけですよ。
決まった事だけをドンドン書き込んで行けますので本当に楽チンです。
時差が有るので頭の中で考えてると何だか混乱してきてv-394書き出すのが一番かなとね。
予約ナンバーも書いておくと、もし予約券を紛失しても大丈夫かな?と。
何時もホテルは交通の便が良い・安い・近いが基本ですv-410
ゴージャスなお城のようなホテルも夢ですが、、、まぁ、身に余る事でしょうからねv-356
そろそろクリスマスですねe-266
お子達のプレゼントも大変な季節、サンタさんは青くなりそうですか?v-410

ただいま~v-221
一度個人旅行を味わうと、、、、、観たい所で時間が足らないとか、行きたくない所に行くとかに不満が出ちゃってねe-263
でも何時もドキドキしていなきゃならないから、ツアーの魅力も大きいですよ。
自分で調べて歩く分、記憶に残っていきますから。
それでも同じようなお城や宮殿を見て歩くと、あら?これは何処だったっけ?なんて事もありますよ。
来年のマイセンオープンデーにご一緒しましょうか?なんちゃってね。
冬は観光できる場所が有る意味減る分、クリスマーケットで帳尻合わせでしょうかねe-351

bossさんお帰りなさい。
ドイツ旅行記楽しく拝見しています。

来年の私の旅予定の参考にさせていただきます^^
今度お会いする日は年明けですがお写真見せてくださいね♪
楽しみにしています^^

mocomio 様
ただいま~ですv-222
旅行記を書いていると、今更ながら自分の伝達力と編集力、国語力の無さにガックリしております。
来年ドイツ旅行の計画がお有りなんですね!
来年のお教室で詳しくお話しましょうねv-341
是非個人旅行にトライしてみて下さいませ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taremimi2008.blog116.fc2.com/tb.php/114-738b1b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最近のコメント

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

boss2008

Author:boss2008
念願だったワンコとの生活、気がつけば2頭になっていた^m^
なんでもない日々の暮らしや趣味のチャイナペインティング、大好きな薔薇の記録や食い物ネタなどをブツブツと一人で呟いてみようかなぁ、、、、、と。

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード