2017-05

赤絵風細密画二枚

10cm程の小皿
今年は色んな絵を一枚ずつ描いてみようかと
昨年久谷赤絵で最も活躍されている若手作家の見附先生に講習をして頂いた九谷赤絵
手持ちの絵の具とオイルで描けるか?


まずはヨーロピアンのオイルを使いペン描きで描いてみる
絵具は元マイセンのぺインターのリーゲル氏から購入したマイセンレッド
DSCN3812.jpg


此方は水性オイルを使い筆で描いてみた
絵具はヨーロピアンの山口先生のところで購入したアイアン系レッド
DSCN3813.jpg


筆描きの方がより久谷赤絵のイメージに近いかな?
勿論、先生の細密画の様には行かないけれど


焼成後、どのように色が変わるか? 実験君です
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

等分に美しく配置されて描かれていてすごい
筆でこんなに細く描けるのですか?細かいですねえ・・
bossさまのきれいなお仕事がでています〜〜
赤絵、同形の食器で柄違いは、完成する度嬉しさが倍増ですね!

つきゆり 様

いやぁ、お恥ずかしいぃe-263
等分に分けるのは難しく、かなり適当なんですよ(^^;)
水性オイルで、どこまで細い線が引けるか? 
相変わらずの実験君ですぅ。

本当に!bossさんは根気の要る細かいお仕事がお得意ですねぇ。
色々な先生の御指導を受けておられるので、お道具も随分とバラエティに富んでいますね。
ちなみに速乾性の水溶性オイル‥私は大の苦手です〜(爆)。

リトルガーデン 様

ふり幅が広いのは良いのでしょうが、自分は一体何処に軸を置くのか?
未だ分かっていない自分で、本当に嫌になりますv-390
リトルガーデンさんの様に、スタンスが決まっている方が羨ましいです
兎に角、進むことで方向が見えてくることを期待して、進むだけですぅe-263

ペン書きの赤絵、素敵ですね。シャープな感じはマイセンレッドの色が合いますね。
でも筆で描かれたのも、細かくて素敵です。
焼成したらどんな色になりましたか?
出来上がりが楽しみです。

ムーミンママ 様

焼成温度違いの作品が有るので、焼成待ちです(^^;)
マイセン様式のブーケやKPMのブーケも大好きなんですが、やっぱり日常使いには和風がシックリきますねぇv-410
同じ小皿で、どれだけの表現が出来るのか? 楽しみでもあります。


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最近のコメント

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

boss2008

Author:boss2008
念願だったワンコとの生活、気がつけば2頭になっていた^m^
なんでもない日々の暮らしや趣味のチャイナペインティング、大好きな薔薇の記録や食い物ネタなどをブツブツと一人で呟いてみようかなぁ、、、、、と。

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード